FC2ブログ

アニメ『ジョジョ』第1部(1~9話)感想

 放送開始から2ヶ月以上経過した今になってアニメ版『ジョジョ』の感想です。
とりあえず第9話まで、第1部についてです。

 最初は正直どうなるかと思いましたが、気が付けば毎回熱中して観ていました。
あれこれカットしてはいますが、基本的にストーリー自体は原作通りなので、
単純に「面白い」んでしょうね。
声も大体みんな合っていると思いますし、その熱演ぶりが超高速展開と合わさって、
一瞬たりとも気が抜けない、30分が短く感じるアニメです。

 長いので続きは追記でどうぞ。


 絵については以前も書いたようにあまり良くはないと思っています。
何か海外のアニメのような違和感があるんですよね。
もちろん「舞台がイギリスだから」という意味ではありません。
(何と言えば良いのかわからないんですが、伝わります?)
他にも、身体(特に筋肉)がやたら直線的だったり角ばっていたりする点に違和感。
とはいえ、それも回が進むに連れてあまり気にならなくなりました。

 画面に擬音が描き文字で表示されるのはどうなのかと今でも疑問ではあります。
ぶっちゃけ、どんな場面でもギャグっぽく見えてしまう事があるんですよ。
とはいえ、これすらもいつの間にか気にならなくなってしまったのが怖い。
ここまで来るともう「洗脳」ですね。

 絵や画面と言えば、場面によって全体の色調(?)が変わるのが特徴的です。
他作品でもある演出ですが、ここまで極端なのはたぶん初めて見ました。
ただこれ、ここまでの頻度だと、本来の色が何色なのかわからなくなりません?
特に屍生人なんかは闇の中にしか出てきませんし、
「本来の色」で一度も登場してないキャラもいるんじゃあないでしょうか。
毎回色が違うから本当の色がわからないって、
ある意味「原作通り」


 放送開始前に危ぶまれた残酷描写は、かなりのレベルまで再現してくれました。
「胴体切断」「生首」「馬の体内潜り」「血管触手」「私の赤ちゃん」……
正直ここまでやってもらえるとは思いませんでした。
いちいちその部分が黒くなるのは仕様なんですね。
「子供絞り」「ダニー丸焼き」あたりは残念ですが仕方ないでしょう。
ギリギリまで闘ってくれたスタッフさん達の覚悟!
私は敬意を表する!


 後はとにかく展開が異常に速い。
毎回原作5話分ぐらいが基本の常時『メイド・イン・ヘブン』状態。
以前「第1部は2クールやって欲しい」と書きましたが、まさか
1クール弱の9話で終わるとは思いもしませんでした。
カットされるシーンが出てくるのは哀しいですが、
逆に面白さが凝縮され、他作品にはない見応えになりました。
でもやっぱりカットしないで欲しかったシーンもあったんですけどね……。

 各回を振り返ってみます。


<第1話:侵略者ディオ>
  • アステカのシーンいきなりカットかい!
  • しかし、馬車の事故から始めるのはわかりやすくていいかも。
  • 石仮面の効果は不明のまま先に進めるのもナイスアレンジ?
  • ディオのチェスの場面は数少ない(唯一の?)オリジナルシーンでした(何故?)。
  • 「親指を目の中に突っ込んで殴りぬける」ノーカットはナイス。
  • ダニー丸焼きはまぁ無理でしたね。あれはトラウマ級だからなぁ……。
  • ダニーとの馴れ初めカットはまずくないですか?
  • あと名前入りハンカチを出す前のやり取りがないと意味合いが変わっちゃうのでは。
  • 結局少年編がわずか1回で終了。凄まじい超高速展開はこうして始まった……。

<第2話:過去からの手紙>
  • OPかっこいい!
  • まさかのワンチェンの回想カット。
  • ディオ母のドレスの話だけ少しでもやってくれたのは安心。
  • 祝! スピードワゴンアニメ初登場!
  • 帽子攻撃もかっこいい。
  • 石仮面発動からの吸血鬼シーン怖っ!

<第3話:ディオとの青春>
  • ディオ様が人間をおやめになりました。
    髪型とかが若干変わって第3部風になりましたね。
  • 中の人めちゃくちゃ楽しそう。
  • 「URRYYY」は裏声と決め付けてましたが、毎回バリエーション違いました。
    ゲーム版のSE同然の声と違って「台詞」なんだなと実感。
    1回モロにカタカナだったのが引っかかりましたが、最初の唸り声と終盤の裏声悲鳴は最高。
  • 「無駄無駄」は本当にイメージぴったり。この頃はまだ連打の掛け声じゃあないんですよね。
  • 決戦シーン色んな意味で燃えました。
  • ジョースター卿も最期まで良かった。この人から始まる「誇り高き血統」。
  • まさかのEDカット。知らなければ最終回に見えます。
  • もしかして原作も人気次第ではここで終わっていたのかな?
  • そしてまたもやワンチェンの台詞大幅カット。

<第4話:波紋疾走(オーバードライブ)>
  • スタッフさんはワンチェンに何の恨みがあるのか
    そろそろ教えてくれてもいいと思うんだ……。
  • 結局ワンチェンの中国訛り口調はアニメでは事実上全カット。
    顔の傷跡もジョナサンとの因縁もできませんでした。
  • 切り裂きジャックも知らなきゃ正体わからないんじゃないでしょうか。
  • この回は全体にカットしすぎで、個人的には第1部ワーストかも。
  • ディオ様はどうやってジャックを洗脳したんですか? ポコにかけた催眠術?
  • 波紋カッターの効果音って口で言ってたんですか?
  • 「メメタァ」のやり過ぎな演出はここまで来ると普通に笑えました。
  • 解説台詞が(原作通り)長すぎて早口言葉状態で、中の人お疲れ様です。
  • 「震えるぞハート~」はやっぱり燃えますね。

<第5話:暗黒の騎士達>
  • S級名台詞「パンの枚数」登場!
  • 祝! ブラフォードとタルカスアニメ「初」登場!
    (劇場版? 何の事です?)
  • この2人が史実上の人物だと思っていた人ってどれぐらいいるんでしょう?
  • ポコもアニメ初登場ですね。登場シーンの身のこなしが凄すぎる。
  • 全体的に暗くて屍生人のデザインがよく見えないのは演出ですか?
  • 「髪を動かす」というのは原作で見た時からずっと好きなネタです。
  • ここら辺に来るともうアニメ版にすっかり慣れて毎週の楽しみになってました。

<第6話:あしたの勇気>
  • LUCKとPLUCK。
  • この辺の感動シーンはもう少し余韻が欲しかったかな~。
  • 結局『77の輝輪』は丸ごとカット。ウィンザレオ、アイクマン、カイネギス、無念。
  • 「当たる面積を最小に」と「子供絞り」はカット。
    前者は時間のせいとしても、後者は自主規制でしょうか。
  • ジョジョ魂関係者にはお馴染みのポコ姉も登場。アニメ化しても名無しのままでした。
  • ツェペリさんの死亡フラグ満載のまま突入するEDが綺麗。

<第7話:うけ継ぐ者>
  • 「さよならツェペリさん」
  • OP前の回想から燃えて泣ける流れです。
  • 引用台詞もナレーションで堂々と再現。
    やっぱりこの作品には専業ナレーションが必要ですよね。
  • 胴体切断と「私の赤ちゃん」再現。そしてジョナサンの首に星アザ
    この辺はスタッフさんナイス!
  • ダイアーとトンペティは良いとして、ストレイツォはもっとモロ美形が良かったかな。

<第8話:決戦!JOJO&DIO>
  • この回だけ(?)やたらと絵が良かったような。
  • 顔に規制が入る怪人ドゥービーは、最期がちょっと変わってましたね。
    原作の「蛇に全身を喰われる」って無理があると思うので特に文句なし。
  • 規制なしで生首になるダイアーさん。
  • 解説のスピードワゴンさんが頑張りすぎです。
  • 血管針屍生人カルテットがカットされなくて良かった。
  • 決戦シーンは相変わらず熱い! 製作陣の熱意がオーバードライブしてます。
  • 雲をも切り裂く空裂眼刺驚が強化されすぎじゃあありません?
  • 第3話といい、ジョナサンvsディオが1/2回で終わるって凄い話だな。

<第9話:最後の波紋!>
  • タイトルは「忘却の彼方へ」の方が良かった。
  • この最終エピソードは本当に泣けますね。
  • スピードワゴンさんの見送り台詞も後の展開を知っていると感動的です。
  • 新婚旅行中に夫を亡くし、
    3話分しか出番がなかったメインヒロインのエリナが不憫。
  • ここに来てようやくワンチェンの出番ですが、顔の傷の因縁がないんですよねぇ。
  • スティクス神父も登場ですが「くせー所」が「面倒な所」になったのは規制?
  • 実は今後二度と台詞のないジョナサン・ジョースター。お疲れ様でした。
    偉大な伝説の第一歩をありがとう。
  • ディオ様ともしばしのお別れ。
  • ラストは、「Part1完」→ED曲→サンタナ→CM→予告、の方が良かったと思います。
  • 嗚呼、ジョジョ魂でマッチメーカーやって本当に良かった……。
  • 私だけにしか味わえない感動を噛み締めながらの最終回でした。

<オープニング:『ジョジョ~その血の運命~』>
  • 今時(たぶん)珍しいバリバリのアニソン。
  • ジョジョ本編とジョナサン(とディオ)を歌うこの曲自体が「人間賛歌賛歌」(?)。
  • 洗脳効果がとんでもない。
  • そして本編と全然画風が違う映像。
    冒頭の歴代原作画像に見えるのも全部新規作成した動画だそうです。凄ェ!
  • 毎回毎回唇を奪われるエリナが
    哀れ過ぎて何も言えねェ。
  • このOPが第1部最後までの(初回はカットだったので)8回しか使われなかったのが実にもったいない。
  • 第2部の主題歌はこれを超えられるんでしょうか。

<エンディング:『ROUNDABOUT』>

  • 洋楽の名曲なんだそうですね。
  • 本編から曲に直接繋ぐ流れが毎回綺麗でした。
  • しかも本来かなり長いらしい曲の中のどの部分が流れるかが回によって違ったり、
    映像も石仮面の遺跡(?)をバックに毎回ちょっとずつ顔ぶれが異なるキャラが流れていくという、
    やたらと凝った演出でした。
  • これはこれでジョジョのイメージに合っていると思います。

<CM:DVD&ブルーレイ>
  • 週変わりで、本編前回分のパロディなのが傑作。
  • どんどん迷言が増えていくディオ様。
  • 何気に「2人の囚人が~」を聞けるのはここだけ。

<CM:ウルジャンとジョジョ展>
  • 何と第4部メンバーが登場。
  • 声はたぶんゲーム用キャストだと思いますが、億泰ハマり過ぎ。
  • 康一くんだけ何故かず~っと無言。
  • いつかアニメ本編で彼らと逢いたいものです。

 うん、面白かった! 燃えた! 楽しかった!
関係者の皆様、愛に溢れた作品をありがとうございました。
第2部も期待しています。


 と、これを書いてるうちに第2部の放送が始まってしまいましたが、
こっちも面白そうです。
過去の多くのメディアミックスで無視されてきた第2部が遂にアニメ化!
アニメで初めて第2部を観る人(いるのか?)は期待していてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎ジョジョの奇妙な冒険第1話侵略者ディオ

〓1868年、イギリス男:事故だぜ、即死だな、 女:ダンナ、赤ん坊は生きてるよ:金目のものを頂く・・・ジョースタ:君が介抱してくれたのか、妻と息子無事か? 男:赤ちゃん...
プロフィール

Author:pz@-v2
略してpz(全半角不問)で構いません。
HNの読み方は本人もわかりません。

以前『双方向対戦小説ジョジョ魂』に参加していました。
当時の参加者の皆さん、
もし気付いたら是非ご連絡下さい。

SPW財団による別サイト
告知・重要記事
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
QRコード
QR